下肢静脈瘤の治療法は、保存的治療方法と根治療法の2種類に大きく分けることができます。保存的治療方法には、下肢静脈瘤そのものを根本的に治療する効果はありませんが、症状の悪化を防いで、その後に行う根治療法を側面から助ける効果を期待することができます。 保存的治療方法の代表格的存在が圧迫療法です。圧迫療法とは具体的にはどのような治療法であるのかと言いますと、医療用の弾性包帯や弾性ストッキングで、下肢全体に適度な圧力を加えることによって、下肢に血液が滞留してしまうことを予防し、静脈瘤の進行を妨げます。下肢静脈瘤を発症している皮下静脈には血液が溜まってしまい、足が太くなっています。そこで弾性包帯や弾性ストッキングを着用して、足全体を程よい強さで締め付けるのです。そうすると、静脈内に滞留していた余分な血液量が減り、下肢静脈の本幹である深部静脈の血流が促進されます。そして、下肢全体の血液循環そのものが改善されるようになるのです。 この弾性ストッキングはスポーツ用品店やドラッグストアなどでもたくさん販売されていますが、効果の点から考えると、医療施設で取り扱っている製品が一番望しいと言うことができます。これを毎日着用することによって、症状の進行が確実に阻害されます。

 医療施設で取り扱われている弾性ストッキングは、一般的なスポーツ用品店やドラッグストアなどで販売されている弾性ストッキングに比べると、デザイン面では劣っているのが普通です。しかし、以前に比べれば、デザインがかなり改良されてきていますし、サイズや仕様の選択肢も増えておりますので、みっともなくて外出時には着用できないという心配はありません。 この弾性ストッキングは、どのような構造になっているのかと言いますと、基本的に上部にいくほど圧が弱くなるように作られています。つまり、第二の心臓という別名が付いているふくらはぎ部分の圧力が一番強くなっているのです。弾性ストッキングの圧力は4段階ほどに分かれているのですが、圧力が強ければ強いほど良いというものではありません。患者の症状や治療目的に応じた圧力のものを使用する必要があり、下肢静脈瘤治療の目的のために着用する場合であれば、弱圧から中圧程度の弾性ストッキングが適していると言われております。 ただし、冒頭でも述べたように、この弾性ストッキングによる圧迫療法には、あくまでも症状の進行を防止し、現状を維持する効果しか期待することができませんので、これの着用によって悪化を防ぎつつ、他の根治療法を受けるようにすることをおすすめします。