服の生地というのは、天然素材と人工素材の2つに大きく分かれると思います。
天然素材については、蚕から取れる絹・綿花から取れる綿・羊毛から取れる毛糸、他にも麻や木綿など植物や動物から取れる繊維を利用して生地が作られています。
それぞれ通気性がよかったり、保温性がよかったりと用途によって使われ方が違いますが、その性能は確かなものです。
ただ、値段が高いのと洗濯などの扱いが難しいというのが難点ともいえるでしょう。
一方、人工素材にはナイロン・ポリエステル・アクリル・ポリエチレンといったものが多くを占めているでしょう。
ほとんど石油から作られており、安価で安定性がいいため丈夫で洗濯をしても縮んだりすることはありません。
高性能だけど高価で扱いが難しい天然素材と丈夫で安価で扱いが簡単な人工素材、この二つを掛け合わせて双方の良いところを活かした生地があります。
そして、主に流通しているのはこれといっていいと思います。